コラーゲンとペプチド、アミノ酸の関係とは

コラーゲンと聞くと美容に良いイメージがありますが、実際に私たちのからだにとってどのような存在なのかというと、私たちのからだを構成するたんぱく質の約30%を占めています。コラーゲンは繊維状の構造でとても丈夫なたんぱく質です。また、皮膚や骨、歯、軟骨などを構成するのに重要な成分となります。食品から摂取した場合、消化管内で分解されてペプチドやアミノ酸になります。わかりやすく言うと一番小さい単位がアミノ酸、アミノ酸が集まったものがペプチド、ペプチドが集まったものがコラーゲンになります。加齢と共にコラーゲンは減少して、皮膚の弾力が失われ、しわやたるみの原因となります。その為、肌トラブルを改善する為に食品やサプリメントからコラーゲンを摂取すると、体内でアミノ酸やペプチドに分解されてから吸収されます。コラーゲンがそのまま体内に吸収されることはありません。まず吸収されたアミノ酸を体内で再びコラーゲンとして合成するためにはビタミンCが不可欠になります。またペプチドは、アミノ酸になる直前の代謝物質のことで体内に吸収されやすいと言われています。ペプチドにはアミノ酸の役割を受け継ぎホルモンや神経伝達の作用がります。その為、食品や化粧品から取り入れると美容効果や健康維持に役立つと言われています。

 

コメントを残す

このページの先頭へ